中途採用

インタビュー 田中 啓介

Keisuke Tanaka田中 啓介

2005年入社 営業職

Q1これまでの当社においての経歴を教えてください。

入社後3年目で主任に、6年目で課長代理となり、神奈川県内で経験を積みました。
7年目で関西エリアへ異動となり、新たな場所で課長として従事。
9年目では営業本部をまとめる次長に昇進しました。
その後西日本へ異動し、慣れない土地で奮闘。
12年目で部長に昇進し、目標に向かって皆で突き進んでいます!

Q2部下と接する時に心掛けている事は?

相手に合わせる事を大切にしています。
一方的に仕事の指示をした場合、認識のズレにより思うような結果が出せない可能性があります。
具体的にかつ分かり易く伝え、まず理解できているか確認をします。
またやらせるだけでなく、共に行ない事実確認を進めていく事で、精度の高い仕事が行えるようにしています。
困った時にはアドバイスもしますが、議論し合い解決策を自らの力で導けるようにサポートしています。
成長できる環境を作る事も、上司の役目だと思っています。

Q3記憶に残っているエピソードは?

固定概念を持って仕事を進める事は、良くないということでしょうか。
この件は難しいだろうな、採用に苦戦するだろうな、など思い込みが先行してしまうと仕事の幅が狭まってしまうと思います。
チャレンジ精神を持って、どんどんやっていくべきだと考えています。
日頃、全国にいる社員から情報を収集しておくことで、常に新しい発見があるのは、この業界だからではないでしょうか。

Web Entryウェブエントリー

応募する

お問い合わせ

お問い合わせ 法人の方はこちら
応募者の方はこちら